ホーム > 2017 > 11月

各種記事

2017年11月の記事一覧

大学・短大児童文化研究会同窓会報告

掲載日:2017.11.30

修正1

  11月26日~27日の両日、定山渓温泉「ホテル花もみじ」(懇親会)、黒澤記念講堂(同窓逝去者記念礼拝)を会場に16名(男性8名、女性8名)が参加した。

 卒業して早40年余り、S50年前後に在学、活動していた「児童文化研究会」(通称ジャリ研)の同窓会。南は九州福岡、千葉、山形、秋田、道内各地より馳せ参じた先輩、後輩。

 10年、20年、はたまた40年ぶりの再会に歓声が上がり、40年前にタイムスリップ。思い出ばなしに花が咲き、懇親会の夜は瞬く間に過ぎての翌日は、大学を訪問。横山明光司祭(大学OB)・奏楽金子千恵氏による同窓逝去者礼拝を行い、何と奇縁な横山司祭も創設期のジャリ研に関わって下さっていたとのこと、我ら後輩一同、驚愕と感動を得たしだいです。

 一歩外に出てはキャンパスの変容に目を見張り、これも豪華になった生協食堂でランチ、図書館の建物最上階に案内していただき、キャンパスを一望。ドキドキの同窓会は無事に終了。元気なうちに再会を誓って、後ろ髪を引かれての解散となりました。

 何はともあれ同窓会事務局、浦川様には大変お世話になり、紙面を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。(文責:代表幹事 鈴木 士 幹事:湯浅俊春、大島朱美)

H28 2月 (3)

酪農学園大学短期大学部同窓会(2017.11.30)|お知らせ, 全件表示, 文科系クラブOB会, 自動更新(同窓会)

ホクレン会長に内田和幸氏、JA北海道厚生連会長に西一司氏

掲載日:2017.11.28

3年に1度の改選期を迎え、本年6月に行われたJAグループ北海道の役員改選で酪農学園短期大学の同窓生二名が会長に選任された。

 ホクレン農業協同組合連合会代表理事会長に内田和幸氏(前JA北海道中央会副会長・短大Ⅱコース5期1971年卒)が、北海道厚生農業協同組合連合会代表理事会長及び全国共済連北海道本部運営委員会会長に西一司氏(前JA北海道厚生連副会長・短大17期1968年卒)がそれぞれ就任されました。

 内田氏は長沼町で農業法人を経営されており長沼農協組合長などを経てホクレン会長に、西氏は滝上町農協組合長、オホーツクはまなす農協組合長などを経てJA北海道厚生連会長になられた。

 TPP問題の再燃やEPA、政府による農協改革の推進など困難な状況を迎える中でのトップリーダーへの就任、三愛精神と健土健民の心をもって本道農業の発展のためにご活躍されることを祈ります。

 御両名には短期大学部同窓会から祝電を贈り、それぞれ丁重なお礼を頂いております。

酪農学園大学短期大学部同窓会(2017.11.28)|お知らせ, 全件表示, 酪農学園短期大学酪農科

ふみあと収録のための公開録音会

掲載日:2017.11.27

「ふみあと」は黒澤酉蔵翁が提唱する実学教育を実践した酪農学園短期大学第Ⅱコース(1964~1985年)学生の愛唱歌、北光寮歌として歌い継がれた

今回、牧野時夫氏の編曲によりオーケストラ化され、長く酪農学園の歴史に残すべくcd制作のため収録を行うものです

       

北海道

農民管弦楽団(指揮 牧野時夫)公開録音会

clip_image002

管弦楽

北海道農民管弦楽団

合唱

ペケレベツ合唱団有志2018年1月7日(日)

開演15:00~約1時間

(開場 14:30)

(収録のため開演後の入場はご遠慮ください)

場所

酪農学園大学 学生ホール

(酪農学園大学中央棟)

「収録曲」 平 正義作曲 伊藤三七男作詞 牧野時夫編曲 酪農学園短期大学第Ⅱコース愛唱歌 「ふみあと」 「リハーサル曲」 ベートーヴェン作曲 「交響曲第9番」 合唱付き 他 当日のリハーサル状況により選曲いたします

   

ふみあと収録のための公開録音会

「ふみあと」は黒澤酉蔵翁が提唱する実学教育を実践した酪農学園短期大学第Ⅱコース(1964~1985年)学生の愛唱歌、北光寮歌として歌い継がれた

今回、牧野時夫氏の編曲によりオーケストラ化され、長く酪農学園の歴史に残すべくcd制作のため収録を行うものです

入場無料

主催

酪農学園短期大学部

同窓会

酪農学園短期大学

Ⅱコースふみあと会

北海道農民管弦楽団

問い合わせ先

酪農学園同窓会

☎011-386-1196

公開録音会実行委員会

炭谷/090-1386-8162

酪農学園大学短期大学部同窓会(2017.11.27)|自動更新(同窓会)

ホクレン会長に内田和幸氏、JA北海道厚生連会長に西一司氏

掲載日:2017.11.27

 3年に1度の改選期を迎え、本年6月に行われたJAグループ北海道の役員改選で酪農学園短期大学の同窓生二名が会長に選任された。

 ホクレン農業協同組合連合会代表理事会長に内田和幸氏(前JA北海道中央会副会長・短大Ⅱコース5期1971年卒)が、北海道厚生農業協同組合連合会代表理事会長及び全国共済連北海道本部運営委員会会長に西一司氏(前JA北海道厚生連副会長・短大17期1968年卒)がそれぞれ就任されました。

 内田氏は長沼町で農業法人を経営されており長沼農協組合長などを経てホクレン会長に、西氏は滝上町農協組合長、オホーツクはまなす農協組合長などを経てJA北海道厚生連会長になられた。

 TPP問題の再燃やEPA、政府による農協改革の推進など困難な状況を迎える中でのトップリーダーへの就任、三愛精神と健土健民の心をもって本道農業の発展のためにご活躍されることを祈ります。

 御両名には短期大学部同窓会から祝電を贈り、それぞれ丁重なお礼を頂いております。

酪農学園大学短期大学部同窓会(2017.11.27)|自動更新(同窓会)
 | 
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
新着情報