ホーム > 2013 > 3月

各種記事

2013年3月の記事一覧

野田修平様(短大6期)東京都民美術春季展に出展(終了)

掲載日:2013.03.27

野田修平様(短大6期)東京都民美術春季展に出展

DSCF0998   DSCF0999

 いつもお世話になります。皆様お変わりございませんか。
 同窓会東京都支部野田修平様が東京都民美術春季展に出展致しました。
 日本を象徴する“さくら”からもう一方の“富士山”への挑戦と言うことで、山梨県の忍野村からの富士 20号の作品とのことです。
 秋のビックな展覧会には、この作品をベースに100号の大作を考えているとの事です。
 展覧会の案内状及び会場地図を貼付いたしました。是非ともご高覧頂きたく会場へお運び下さい。
 なお 野田様は会期最終日9日の午後会場にいらっしゃるとの事です。(文責 高澤 靖)

酪農学園大学短期大学部同窓会(2013.03.27)|OB同窓会, 全件表示, 文科系クラブOB会, 自動更新(同窓会)

安宅一夫名誉教授、宇都宮賞受賞

掲載日:2013.03.04

第45回宇都宮賞受賞報告

 宇都宮仙太郎翁の命日である3月1日(金)、第45回宇都宮賞の受賞式並びに祝賀会が札幌パークホテル3階パークホールCを会場に酪農関係者約130名が列席して行われた。

 本学の安宅一夫名誉教授が「酪農指導の部」において受賞しました。受賞理由として41年間の一貫したサイレージの研究のメインテーマとし、本道における良質サイレージ調整技術を現場に定着させた功績は絶大なるものがあり、合わせて、日本草地学会賞、畜産技術協会賞受賞や本学の学長歴任や次代の酪農後継者の育成への指導、多くの経営者の輩出、アジア酪農交流会会長としての酪農の国際貢献等本道酪農発展の多大な貢献が選考経過報告で述べられた。本学では、過去に遊佐孝五先生、平尾和義先生、井上錦次先生、原田勇先生が受賞されている。
DSC_0009DSC_0011DSC_0038DSC_0042DSC_0067DSC_0072DSC_0092DSC_0101DSC_0105

 安宅先生は、答礼の中で受賞の喜びをこれまでにお世話になった方々のお名前を挙げて感謝され、本学出身の経営者の中から次の受賞者が出ることを祈念した。受賞式は表彰者紹介のあと、宇都宮翁にちなみ、讃美歌no.405「かみとともにいまして」を列席者で合唱した。北良治理事長の挨拶ののち、選考経過報告が行われた。

 安宅先生の他には、「酪農経営の部」において浦幌町菊地利憲氏、「乳牛改良の部」においては枝幸町小椋義則氏が受賞した。北理事長より賞状と副賞がそれぞれに授与された。受賞式のあと、祝賀会が開催され、受賞者を囲んでの和やかな祝宴が開催された。その後も会場を移動して受賞関係者による茶話会が催された。

DSC_0122DSC_0132DSC_0150DSC_0165DSC_0181DSC_0167

酪農学園大学短期大学部同窓会(2013.03.04)|その他, 全件表示, 自動更新(同窓会)
 | 
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
新着情報