ホーム > 2012 > 2月

各種記事

2012年2月の記事一覧

家畜飼料学同窓会・アジア酪農交流会報告-安宅一夫・名久井忠先生を囲む会-

掲載日:2012.02.14

2月10日(金)18:00より新札幌シェラトンホテルにおいて、家畜飼料学同窓会・アジア酪農交流会が関係者約120名の出席者により開催された。当日は9:30より200名を超える聴衆の前で安宅一夫教授・名久井忠教授の最終講義が学内で行われた。また15:30よりアジア酪農交流会主催のセミナーが当ホテルで開催された。



安宅一夫・名久井忠先生を囲む会は、家畜飼料学同窓会・アジア酪農交流会による合同開催によるもので、それぞれに関係する学生、同窓生、教職員、教職員OB等にお集まりいただいた。



 野教授の総合司会で開会し、原田勇学園長のご挨拶、井下同窓会副会長のご挨拶、細田顧問の乾杯のご発声で懇親会が開催された。

 名久井教授、安宅教授から参会者への謝意のご挨拶を頂戴し、現役学生からは両教授に花束や記念品が贈られた。その後、アジア酪農交流会関連で内蒙古からの出席者や極東ロシアからの留学生の紹介等が行われ、国際色に包まれた和やかな祝賀会となった。

 また、研究室恒例のオークションや参会者のOB紹介等も行われた。

小林副会長、市川研究科長のご挨拶、記念写真のあと、全員で円陣を組んで酪農讃歌を合唱し、閉会した。

酪農学園大学短期大学部同窓会(2012.02.14)|OB同窓会, 全件表示, 研究室・教室OB会, 自動更新(同窓会)

名久井教授、宮川教授、安宅教授 最終講義報告

掲載日:2012.02.10

 2月10日(金)9:30~12:10 大学C1号館201教室において、名久井忠教授、宮川栄一教授、安宅一夫教授の最終講義が行われた。学生、教職員、卒業生等200名を超える関係者が集まり、名物教授の最終講義を熱心に拝聴した。

 名久井教授は「酪農の跡継ぎ教育と現場密着型研究を振り返って」と題しての講義であった。本学短大を卒業後、40年の農林水産省試験場勤務を経て、2003年より母校に戻り、農場実習、研究室での卒論等学生指導に情熱を傾けて来られた歩みを丁寧に講義いただいた。本学の学生気質を「心がやさしく、テーマに対して熱心に取り組む情熱もあるが、調査が弱い」とのご指摘もいただいたが、指導した学生達から元気をいただき、酪農学園に心より感謝しているとの謝意が述べられた。





 宮川教授は、「ルーメン細菌を把握しよう」と題しての講演であった。本学への赴任に至るまでの略歴を時間を割いてご説明いただいた。大学卒業後の農林水産省家畜衛生試験場(現動物衛生研究所)での研究内容のこと、ルーメン細菌に関する研究で学位を取得されたいきさつ。ルーメンの研究者として本学に1992年に採用された経緯等を述べられた。本学ではT-RFLP法をルーメン細菌叢に応用した研究を行い、「バクテロイデス属菌の化学的分類学的研究」「ルーメン細菌叢の解析法」について要点をご紹介いただいた。





 安宅一夫教授は「酪農人への手紙 Ⅱ」と題した最終講義を行った。41年に及ぶ本学での職歴のスタートが帯広畜産大学の恩師大原久友先生の推薦による赴任のいきさつから今日に至るまでの教育歴、研究歴、エクステンション活動、国際交流等幅広くご紹介していただいた。特にサイレージの研究については、昨年畜産技術協会賞を受賞されている。酪農学園に愛され、多くの学生、友人、恩師に恵まれてきたことに感謝した。

 最後に黒澤酉蔵の三愛精神は「真心」、ドラッカーのマネジメントは「真摯」、安宅一夫のポリシーは「鈍」という言葉を聴衆にメッセージとして送った。

(紙面の関係上、概略紹介となりましたので詳細は最終講義レジュメをご覧下さい)

酪農学園大学短期大学部同窓会(2012.02.10)|OB同窓会, 全件表示, 研究室・教室OB会, 自動更新(同窓会)

酪農学園大学酪進会 2011年度定例会と研修会(終了)

掲載日:2012.02.10

下記の要領にて酪進会(家畜管理学ゼミ・家畜行動学ゼミ同窓会)定例会と教育学習会を開催することになりました。関係者の方々のご参集をお願い申しあげます。

                              酪進会会長 中村 文信



                記

1.開催日時:2012年2月18日(土)18:30~

2.開催場所:北海道料理 磯金

       札幌市中央区南4条2丁目 南4西2ビル10F

3.教育研修会

  1)最近の家畜管理学ゼミの動き 干場信司先生

  2)最近の家畜行動学ゼミの動き 森田 茂先生

  3)今年度の学生研究報告

    (1) バイオガスの利用法に関するLCA

    (2) 搾乳関連排水の実態と処理方法選択時のポイント

    (3) 十勝地方鹿追町酪農の多面的評価

    (4) 放し飼い牛舎における飼槽上残存飼料の形状変化に関する研究

    



酪農学園大学短期大学部同窓会(2012.02.10)|全件表示, 研究室・教室OB会, 自動更新(同窓会)

2011年度ホームカミングデー記念講演小冊子 進呈。

掲載日:2012.02.06

 2011年9月17日(土)に行われた第20回ホームカミングデー記念講演の小冊子が出来ました。

1部障害福祉は今-障害者と共に泣き笑いの45年-

 社会福祉法人 札幌この実会 加藤 孝氏(短大9期生 1959年度卒)

2部 落語 上方滑稽噺話

落語家 林家卯三郎氏(獣医25期 1993年度卒)。

 同窓会連合会に多少、小冊子(30頁)の残部がございます。

ご希望の方はFAX 011-386-5987かe-mail : rg-dosok@rakuno.ac.jpまで〒、住所、氏名、連絡先を明記のうえ、お申込み願います。講師プロフィールはPDFでご確認願います。









酪農学園大学短期大学部同窓会(2012.02.06)|お知らせ, 全件表示, 自動更新(同窓会)
 | 
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
新着情報