ホーム > 組織

組織

役員(2017年4月17日現在)

役職名(卒期)氏 名
顧 問  (10)板倉 敏雄
顧 問  (23)堀内 信良
会 長 (II-9)黒澤 敬三
副会長 (25)幸田 幸弘
副会長 (II-5)炭谷 輝男
副会長 (教-1)伊藤 明美
副会長 (情-2)大同 勝則
事務局 (情-1)川端 幸枝
会 計 (情-1)川端 幸枝
幹 事  (3)加藤 昭平
幹 事  (4)中内 博一
幹 事  (4)目黒 和男
幹 事  (6)石川 祐吉
幹 事  (7)土谷 令次
幹 事  (7)矢田部昌人
幹 事  (8)水野 直治
幹 事  (9)加藤  孝
幹 事  (10)板倉 敏雄
幹 事  (10)松橋 久治
幹 事  (14)横山 明光
幹 事  (28)佐倉  肇
幹 事  (29)横田  厳
幹 事  (31)蟹田  太
幹 事  (33)砂川 秀樹
幹 事  (40)大久保卓也
幹 事  (40)永井  進
幹 事 (II- 3)中川  修
幹 事 (II- 4)彦坂 忠人
幹 事 (II-11)森田 和之
幹 事 (II-13)中村 宗悦
幹 事 (II-15)黒澤 譲治
幹 事 (II-16)泉澤 章彦
幹 事 (II-19)亀田 優巳
幹 事 (教- 2)櫻井 夏子
幹 事 (教- 2)米澤 紀子
幹 事 (教- 4)安ヶ平 育子
幹 事 (教- 6)飯尾 明美
幹 事 (情- 5)大川 和洋
幹 事 (情- 7)長井 一篤
監 事  (25)筒井 静子
監 事 (II- 5)古川 豊記
監 事 (II-16)伊藤 博之

代表委員

卒期別氏 名
6箕浦 秀明
14工藤 忠昭
15曽我 尚之
16金山 照行
21岸本 正人
22吉村  誠
27森谷 修一
30津田 万裕
31森谷  浩
32上野 裕一
35徳永 文雄
37黒田 寿夫
39甲斐 達也
41岩田 淳一
43請川 隆誠
44棚田 大輔
46加藤  哲
50官代 裕美
50栄  耕平
50平野 英樹
51川崎 信也
51髙城  織
52尾形  淳
52平井 朋子
54吉田 智美
55金丸 将樹
55佐藤 翔平
56髙部 和弘
57松岡 洋平
57佐藤 真奈
58加藤 悠太
59姉崎 正弥
59中澤 愛希
60平山 彩
61高橋 駿太
61菊地 若菜
II- 2櫻庭 定義
II- 3川合  満
II- 6高橋 茂隆
II- 8金安 正明
II- 9諏佐 幸夫
II-10渡部 正廣
II-12橋本 佳文
II-14髙見 敏文
II-17前田 栄一
II-18植村  登
II-19阿地 宏幸
II-20長太 雅則
教- 3荒川 のり子
教- 7尾崎 繭美
教- 8品川 千穂
教-10宮崎 明香
教-11坂東  愛
教-12鈴木 景子
教-13小林 由佳
情- 2蒲生 浩之
情- 3益塚 英俊
情- 8石原 太介

酪農学園大学短期大学部同窓会会則

第1章 総則

第1条
本会は酪農学園大学部、酪農学園短期大学、北海道文理科短期大学、酪農学園大学短期大学部(以下これらを短期大学部という)同窓会と称し、事務局を酪農学園同窓生会館に置く。
第2条
本会は、短期大学部の同窓生を以って組織する。
第3条
本会は会員相互の親睦と融和に務め、建学の精神を広く社会に啓蒙すると共に、郷土の発展と人類の福祉に貢献し、自らも本学の発展に寄与する事を目的とする。

第2章 事業

第4条
本会は前条の目的を達成するために次の事業を行なう。
  • (1)会員相互の交流と親睦。
  • (2)会員の社会貢献とその活動。
  • (3)会員の名簿管理と発行。
  • (4)本学の建学精神の啓蒙と実践活動。
  • (5)その他本会の目的を達成するため必要と認めた事項。

第3章 会員

第5条
本会の正会員(以下会員という)と賛助会員を以って構成し、また役員の承認を得て顧問を置くことができる。
  • (1)正 会 員 短期大学部卒業生
  • (2)賛助会員 酪農学園の教職員で、本会の趣旨に賛同し本会の承認を得た者とする。
  • (3)顧  問 会長が委嘱しその諮問に応じ意見を述べることができる。
第6条
本会の会員は第15条の規定に基づき会費を納入しなければならない。

第4章 役員・組織

第7条
本会に次の役員を置く。会長1名副会長4名各期代表委員幹事若干名監事3名
第8条
地域活動の円滑を図るため支部を置く事ができる。
第9条
役員の選出及び任期は次に掲げる事項による。
  • (1)会長、副会長は各学科同窓会代表委員会の互選とし、幹事は各学科より選出する。
  • (2)会長、副会長および役員「幹事、監事」の任期は2ケ年とする、但し再選を妨げない。

第5章 機関・運営

第10条
本会の組織及び運営は次の通りとする
  • (1)本会の総会は代表委員会を以って行ない、最高決議機関とする。
  • (2)幹事会は本会の運営、財政、事業活動を審議検討しその指針を提言することができる。
  • (3)総会は毎年1回会長が召集し、議事運営にあたる。
  • (4)会長は本会を代表し、会長に事故のあるときは副会長がその職務を代行する。
第11条
総会で議決しなければならない事項は次の通りとする。ただし決議は出席の2分の1以上の賛同を得なければならない。
  • (1)会則及び規定の改定、変更に関する事項。
  • (2)役員の選出に関する事項。
  • (3)事業計画並びに予算、決算に関する事項。
  • (4)その他本会の運営に関する重要事項。
第12条
監事は総会において選出する。
第13条
監事の職務は次の通りとする。
  • (1)本会の会計及び財政の状況を監査する。
  • (2)本会の業務の状況を監査する。

第6章 会計

第14条
本会の経費は会費及び寄附金、その他の収入を以って充てる。
第15条
本会の会費は短期大学部卒業生が、終身会費として年度当初に納めなければならない。
第16条
本会の会費納入は特別な理由のない限り拒む事ができない。
第17条
会費の額は総会において定める。
第18条
本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第7章 附則

第19条
本会則は昭和48年3月23日より施行する。
昭和58年3月14日改正
昭和60年3月16日改正
平成 3年3月15日改正
平成 7年3月16日改正
平成11年3月15日改正
平成20年5月15日改正